ピアノ教本運指

HOME > ピアノ学習の基礎知識 > 『運指』について

『運指』について

『運指』というのは、「この音はこの指で弾きましょう」
という指の使い方のことです。

実は、この運指はピアノを弾く上でとても大切なのです。

ピアニストの演奏を見ていると、サラサラ~とピアノを弾いて
いますよね。しかも、無駄の無い動きをしています。

イメージ

これは、たまたまそう弾いているのではなく、きちんと
「どの指を使うと動かしやすいのか」ということを考えて弾いているのです。

ピアノ初心者か否かは、この運指を見ただけで分かります(笑)

というのも、きちんとした指使い(=運指)を知らない方は
小指の次にまたいで薬指で弾いたり、途中で指が足りなくなって
変な動きをしています。

本人にとってはピアノを始めた時からそのように弾いているので
弾きやすい運指なのですが、徐々に曲のレベルが上がっていくと
その弾き方では対応できなくなってしまいます。

しかし、変な癖がついているので、なかなか直らないのです。

こうなると、ピアノ上達の妨げにもなってきますね。

ですから、初心者であればあるほど、この運指にこだわって
きちんとピアノを弾く癖を付けて頂きたいと思います。

よく頂くご質問に、

『指使いって、ドなら親指、というふうに決まってるんですか?』

というものがあります。

残念ながらそうではないのです。

必ずこの音はこの指、というものではなく、その時々で
次に弾く音に合わせて、動かしやすい指を使います。

決まっていないため、初心者の方は『運指』が書いていないと
何をどう弾けば良いのかわからなくなります。

そのためには、あなたが選ぶピアノ教本にこの『運指』がきちんと
書いてあるかどうかが大切です。

それはピアノ教本を見ればすぐに分かります。

音符の上に数字が付いていれば、その本には運指がきちんと
書いてあるといえます。

基本的に、運指はこんな番号で書いてあります。

運指 指番号

左右、それぞれ親指から1,2,3,4,5と番号が付いています。

ですから、1と書いてあれば親指で弾きましょう、ということです。

時々、一つ二つしか運指の書いていない教本もあります。

一つ二つしか運指の書いていない教本

一見シンプルで見やすいのですが、これは初心者に親切とはいえません。

全ての音に細かく運指が書いてあるくらい、丁寧に書かれている教本
の方が、おそらくあなたにとっては分かりやすいはずです。

全ての音に細かく運指が書いてあるくらい、丁寧に書かれている教本

ゴチャゴチャして見えますが、いざ弾くときには
迷わずに正しい指使いで弾けますよね。

海野先生のピアノ教本には、全ての音に運指が書かれています。

さらに、楽譜が読めない方のために、ドレミ付きの楽譜も
用意してあるのです。

楽譜が読めない方のための、ドレミ付きの楽譜

それだけではなく、DVDで運指の解説を細かくしています。

写真ではなく、動画で見られるので、
あなたは見るだけでベストな運指でピアノを弾くことができるのです。

徹底的に初心者の目線に立ち、
初めてピアノに触る方でも迷わずスラスラ弾けるように
工夫がされているのですね。

そんな海野先生の楽しいピアノレッスン、
詳細はこちらから

⇒「海野先生が教えるピアノ講座 30日でマスターするピアノ教本」

自宅にいながら30日でマスター

短期間でピアノが上達するヒミツの練習法
ピアノ楽譜.comはこちら

新着情報

メールマガジン

ピアノの先生がメルマガでレッスン


メインメニュー

ご購入について

運営者情報

株式会社Good Appeal

〒720-0043
広島県福山市船町7番23号 アオンズ福山ビル4階

TEL:084-944-5101

>>お問い合わせ



HOME | 教本Q&A解説DVD | お申し込み | プライバシーポリシー | 特定商取引法の表記 | リンクについて | サイトマップ