ピアノ教本レベル

HOME > ピアノ学習の基礎知識 > 『ピアノ教本のレベル』について

『ピアノ教本のレベル』について

ピアノ初心者にとって、教本選びはとても大切です。

というのも、最初の一歩を上手く踏めないと、何事も続かないからです。

ただ、あなたも教本を選びに行くと気付くでしょうが、
本当に沢山の教本があります。

大人向けのピアノ教本 というものも最近では沢山販売されています。

もし機会があればパラパラっとめくってみてください。

そこで、最初に困るのが

「楽譜が読めない・・・・」

ということではないでしょうか。

というのも、大人向けの教本は

“あなたが義務教育を終えていると仮定して”

作られています。

つまり、

・楽譜を読めること
・ある程度の音楽の知識があること

これらを前提として書かれています。

ですから、音楽の知識の無い初心者の方がピアノ教本を選ぶ際に
その辺りのフォローが多いものを選ぼうとしがちです。

しかし、優しく丁寧に書かれているピアノ教本を始めてみると・・・・

最初は丁寧に書かれているのですが、段々大雑把になっていきます(笑)

というのも、基本的にこれらの教本は楽譜のついでに解説、という
構成のものが多いからです。

特に付点音符や楽譜の知識などは、「記号」→「解説」 終了!
のような。

ですから、結局はひたすら暗記をする羽目になりお手上げになります。

そして、ピアノから遠ざかってしまいます。

それでは勿体無いと思うのです。

ですから、まず教本を選ぶ基準としては

1.楽譜の解説のみに半分以上ページを費やしているかどうか

2.ドレミの読めない初心者でも楽しく弾けるよう「ドレミ」と書いてあるか

3.大人向けの選曲で作られているかどうか

4.お手本のピアノ演奏のCDなど付属しているかどうか

これらの基準を大切にしてみてください。

すると、あなたがいざピアノを弾こうと思った時に、比較的スムーズに
練習していけると思います。

そこで、これらのこだわりを持って作られた教本が、

「海野先生の教えるピアノレッスン30日でマスターするピアノ教本」 です。

これは、楽譜が読めなくても、ピアノに触ったことが無くても、
30日でピアノを弾けるようになる!という驚きの教本です。

なぜ、それが可能なのか?

それは、先に書いたピアノ教本を選ぶ基準をクリアしているからです。
さらに、CDではなくDVDで映像&音であなたのレッスンをサポートしています。

もしあなたがピアノ教本に迷っているのであれば、ぜひ詳細をご覧下さい。

⇒ピアノ教本の詳細はこちら

レベル 自宅にいながら30日でマスター

短期間でピアノが上達するヒミツの練習法
ピアノ楽譜.comはこちら

新着情報

メールマガジン

ピアノの先生がメルマガでレッスン


メインメニュー

ご購入について

運営者情報

株式会社Good Appeal

〒720-0043
広島県福山市船町7番23号 アオンズ福山ビル4階

TEL:084-944-5101

>>お問い合わせ



HOME | 教本Q&A解説DVD | お申し込み | プライバシーポリシー | 特定商取引法の表記 | リンクについて | サイトマップ